人に「好かれる」会話法

本音で語り合える親友や理想的な恋人を作る方法

更新日:

本音で語り合える親友や理想的な恋人を作る方法

社会人になればコミュニケーションが円滑にいかない場面が増える

本音で語り合える親友や、理想的な恋人を持っていると言う人は世の中にどの位いるでしょうか。

実際、SNSなどで沢山の友達に囲まれている人が、その写真に写っている全員と「本音で語り合っているとは限らない」ですよね。長い人生の中でも、なかなか何でも語り合える親友や、理想的な恋人は簡単に作れないものなのです。それも仕方ない事なのかもしれません、やはり学生時代とは違い社会人になれば、摩擦も多くなり、なかなか本音だけではコミュニケーションが円滑にいかない場面も増えていきます。そして、人生の処世術を身に付けた結果、「本音と建前」をきっちりと使い分けるようになって行くのです。

そのうち、プライベートな場面においても「ここでは、これ以上本音を話さないほうがいいかな?」とか「これ以上、自分をさらけ出す出さない方が身の為だ」と、心にブレーキをかけて器用に振る舞うようになって行きます。このような癖がついてしまうと、人と深く関わることがどんどん億劫になって、親友や理想的な恋人を作るチャンスがあっても逃してしまうのかもしれません。本音で語り合える親友や理想的な恋人作りたければ、まずは「自分は、このような人間である」ということを相手に知ってもらわなければいけません。

相手が本音を話しやすい空気を作る

具体的な方法としては、親友になりたいと思う人や恋人にしたいと思う異性が現れた場合に、まずは自分から「本音を話しやすい人だなと感じさせる空気」を作ることから始めましょう。ただし、ここで注意したいのが、いきなり本音ばかりを相手にぶつければ良いと言うことでは無く、建前の中にも本音が少し垣間見える部分を作る事で「この人といると自然体でいられる」「この人になら自分のことを分かってもらえそうだ」と自然に感じて貰える様になるのです。次に、第一段階として自分から本音を覗かせたとしても、相手には「で、私はここまで話したけど、あなたはどうなの?」と、本音を要求しない事です。

自分がこれだけ話しているのに、相手はなかなか本音を言ってくれないといつまでも距離が縮まらないと感じるかもしれませんが、本音で話しているからといって信頼関係が急にできるわけではありません。しかし、いつでもブレない態度で本音を相手に打ち明けているうちに、あなたの存在は少し特別な位置づけになって行く事もあります。まだまだ一方通行かもしれませんが「この人はいつも本音で話す人なんだ」とアピールすることができれば、そのうち少しずつですが、相手はあなたに対して安心と信頼を置き、ある瞬間から壁を取り払い本音で話してくれるようになるでしょう。なかなか本音を言わない人と言うのは裏を返せば警戒心がとても強い人なので、その警戒心が解かれた時が、あなたの事を本音を言い合える特別な存在と認めた瞬間と言っても良いかもしれません。

相手の話をしっかり聞くこと

そして、本音で語り合える様な関係を作る上でもう1つのポイントとして、どんな内容の話でも「とことん聞いてあげる」ことが重要です。普段あまり本音を言わない人でも、自分の話をとことん聞いてくれる人に対しては心を開きやすいと言われています。実は相手の話をしっかりと聞いてあげるだけでも、本音で語り合える親友になる事は可能なのです。それは理想的な恋人を作る方法としても使えるテクニックですが、先にしっかりと話を聞いてあげることで自分の要求を飲んでもらい易くなるのです。この人と親友になりたい、恋人になりたいと思った人と会話をする際には、聞き役に回ることを意識してみて下さい。しっかりと話を聞いてもらった相手には、無条件に好意を抱き易くなりますので「また、近いうちに会いませんか?」と誘われたら、きっと「この人は話しやすいから、もう一度会ってみても良いかな」と思って貰えるでしょう。

この様に、本音で語りたくなる様な存在を目指して、1人でも多く語り合える、親友や恋人に繋がるコミニュケーションを楽しんでみて下さいね。

最後に「理解」は「癒し」になるということを覚えておいてください。相手の話をしっかり理解して聞くと、相手は癒されると感じやすいのです。「会話」「コミュニケーション」は「理解」があれば素晴らしいほどプラスになるので、本音で語り合える親友や理想的な恋人を作るために「会話」「コミュニケーション」のレベルが高いことはとても大事なことです。

「会話」「コミュニケーション」のレベルをあげるために今の自分が出来ることから始めたら良いと思います。

人に「好かれる」会話術【男女兼用】はコチラ

-人に「好かれる」会話法
-

Copyright© 人に「好かれる」会話法 , 2020 All Rights Reserved.