人に「好かれる」会話法

苦手な会話を克服したいなら!

更新日:

世の中には頭の回転がとても早く、どんな人とでも会話でスムーズなコミュニケーションが図れると言う方がいらっしゃいます。会話が苦手な者からすれば、会話上手な人は人生の様々な場面で得をしているように感じますし、同じ人間なのになぜここまで違うのだろうと凹んでしまいますよね。しかし、会話の苦手な方でもコツさえ掴むことができれば、会話下手を克服することができると思います。まず、会話が苦手だと考えている方にはいろんな失敗パターンがあります。例えば、話すことばかりに意識が集中してしまい相手に話す隙を与えなかった、自分の話したいことがあるのにもかかわらず頭でまとまらない、全く何を話していいのかネタが見つからない、といったケースが多くあるようです。もともと話すことが好きな方でしたら、相手に合わせて話すスピードを変えたり、テンポを合わせるだけで会話がスムーズに行くこともありますが、もっと深刻なのは、口下手で全く何を話していいのかわからないといった場合です。

会話が苦手と聞くと口下手と言うイメージがありますが、実は口下手の方でも「会話」ならば得意と言う方もいらっしゃるのです。なんだか不思議に感じるかもしれませんが、そういった方の特徴として人の話を聞いているのが好きである、あるいは人の話を聞く側に回る事で、口下手をカバーした言う方もいらっしゃるのです。人の話をしっかり聞ける人と言うのは、実は案外少ないのです。人の話を聞くと言う事は、ただ聞いてるだけではなく会話のタイミングによっては相槌を打ったり、話し相手が会話をしていて話しやすいなと感じるテンポで返事をするのも大切です。話すのが苦手という方でしたら、聞き上手になった方が苦手な会話を克服するのに簡単ですし、口下手な方でも会話上手と言われる近道なのかもしれません。

具体的な例として、会話の中で相手の言葉に対し「へぇー」「ふーんそうなんだ…」と相槌をと相槌を打つよりも、軽くなずきながら「うん、うん、すごくわかるよ」「そう、私もそうなんだよね」「確かにそうかも!」と少し大げさに感情込めて相槌をした方が、相手に感情が伝わりやすく会話が弾みやすくなります。会話というのは、どちらか片方が聞き上手であれば、話し手側に回った方は気持ちよく話すことができますので、たとえ会話の割合として自分からあまり情報提供していなくても、うまい相槌が打てれば結果的に会話が弾んだような錯覚に陥ることもあるのです。これは会話のテクニックの1つですが、会話をより弾ませるためには相槌を打ったついでに、質問を1つ返すと言う癖をつけましょう。ただこれもあまり使いすぎると不自然になってしまいますので、時々自分の意見を述べてみるなど自然に行うことがコツになります。

そして会話が苦手な方は、何を話していいのかわからないという方がほとんどですので、話題に事欠かないように、なるべく会話する相手の話の内容から、自分の経験に結びつくようなネタを引っ張り出すのが良いかもしれません。つまり、会話相手の話から自分の話すネタを探したり、相手の話に乗っかりながらその会話を広げていく事が、誰でも簡単にできる「会話上手になれるコツ」かもしれません。会話が苦手という方の中には、同時に人と視線が合うのも苦手という方もいらっしゃいます。もし可能であれば、話し相手と真正面で向かい合って会話するより、少し視線をずらすように斜めや隣に立ち位置や座る位置を工夫するのも、話しやすくなるコツです。この方法は心理学的に見ても、初対面の相手や苦手な相手に対してしてお互いがリラックスしやすい 位置関係になりますので覚えておくと良いでしょう。

このように、苦手な会話を克服したいなら、様々なテクニックを使いながらのコミュニケーションを心がけていきましょう。人と話すことに慣れていくうちに、少しずつ経験が自信となり自分の思っていることや考えていることを、うまく言葉にして相手に伝えられるようになると思います。自分は会話が苦手だと思っていても、コツを掴みそれを実践することによって経験が自信となり、会話が大好きになる事もありますので、諦めずにぜひトライしてみましょう!

 

人に「好かれる」会話術【男女兼用】はコチラ

-人に「好かれる」会話法
-

Copyright© 人に「好かれる」会話法 , 2020 All Rights Reserved.