人に「好かれる」会話法

会話上手になれる具体的な方法

更新日:

日常生活の中で、会話と言うのは避けて通れない、必要不可欠なコミニケーションの手段ですよね。しかし 世の中には、なかなか会話が上手くいかないと悩んでいる方も大変多いのが現状です。そこで気になるのは、会話上手な人と会話がうまくいかない人は、何が大きく違うのかと言う事だと思います。そこで言われているのが、実は、会話上手な人は話す事が上手いのでは無く、基本的に人の話をしっかりと聞くことができるのだと言われているのです。そして積極的に話をしているように見えて、会話上手な人というのは話す割合よりも人の話を聞く割合の方が多いと言われているのです。

まず、会話上手になれる具体的な方法として 1番簡単に実践できるのは、人の話をしっかりと聞きながら相槌を打っていくという事かもしれません。それを証拠に、会話がうまくいかない人の共通点として挙げられるのが、人の話を聞かず自分のペースで会話を進めてしまったり、会話の間で沈黙を恐れるあまり焦って、内容のない言葉を無駄に羅列してしまうと言うケースです。会話上手になりたければ、沈黙を怖がったり焦ったりせずに、まずはしっかりと相手の話の内容に耳を傾けることから始めてみましょう。

そしてここで注意したいのは、慣れていないと相手の話を聞くことに一生懸命になりすぎてしまうあまり、いつどのタイミングで相槌を打ったらいいのかばかりに気を取られてしまい、会話の内容が全く耳に入って来なくなってしまう事です。そういった失敗を避けるためにも、相手の話の内容をしっかりと理解する意味も込めて、時々相手の話している言葉を復唱してみるのもオススメです。

程良いオウム返しで相手の話に共感する

会話上手になりたい人や、自分から話題を提供するのが苦手な方にお勧めしたい方法が「程良いオウム返し」です。オウム返しとは、まるで鳥のオウムのように相手の言葉を復唱する方法ですが、これはとても簡単な方法なので、ついついやりすぎてしまうと話を聞いていないかのように見えてしまったり、大げさにやりすぎると失礼になってしまうので自然に「程良く」がポイントです。

話相手が女性でしたら、相手の言葉を復唱することで会話に共感していると言う印象を与えることができると言います。特に女性の場合は、会話をしているときに相手からの共感を得たいと考えている方が多いと言われていますので、会話の中で「程良いオウム返し」を実践すると、会話相手に対して無意識に「話しやすい人」 と感じることでしょう。例えば会話の中で「今日こんなことがあって…凄く腹が立ったんだよね」と言われた場合は「そんなことがあったんだね、それは辛かったよね…。その場にいたら、私でもきっと腹が立ったと思うよ」と言った具合に、そのまま言葉をオウム返しするのでは無く、共感を織り交ぜながら自分の言葉で返すといった感じの流れになります。

そして、頷いたりするなど軽いジェスチャーを加えながら、時折自分の意見を挟むようなイメージで会話を進めていきます。つまり、会話が苦手な人が自分から話題を提供すると言うよりも、相手の会話にうまく乗っかりながら話題を広げて行く様なイメージで、会話を組み立てて行きましょう。会話が途切れないポイントとしては、相手の話題に対してすぐに結論を言ってしまったり、まとめに入ってしまうとそこで会話がストップしてしまいますので、自分の考えを一方的に述べて流れを止めない様に気をつけながら、上手く聞き手にまわりゆっくりと会話を進めていきましょう。

口下手な方も、聞くことを中心に会話をするように意識していけば、自然と会話上手になっていきますので、まずはご家族や友人など身近な人達との会話を、練習のつもりで楽しんでみてください。

人に「好かれる」会話術【男女兼用】はコチラ

-人に「好かれる」会話法
-

Copyright© 人に「好かれる」会話法 , 2020 All Rights Reserved.